甘みと粘りの究極のバランス。ななつぼし

甘みと粘りの
究極のバランス。

ななつぼし
Home品種ななつぼし
バランスに優れた味わいと冷めてもおいしいという特徴から、
食卓はもちろんお弁当などでも広く活用され、北海道では最も食べられている品種。
CMも好評で道外での人気も上昇しています。

品種の特徴

粒形が崩れにくく、つやもよい。
ほどよい甘みで、冷めてもおいしさ長持ち。
ほどよい粘り。
メニュー適性
お弁当やお寿司、和食、朝ごはん。
味と食感のバランスがよく、北海道米の中で最も生産量が多い品種。無洗米としての適性にも優れています。

食味評価

北海道米新CM、今秋公開。

平成23年秋に「ゆめぴりか」のCMを全国で放映開始して以来、認知度と評価を高めてきた北海道米。今年は「愛されて、10years」というキーワード用い、ゆめぴりか誕生10年をPR。「認定マーク」等、様々な切り口でブランド価値を高めてきた「ゆめぴりか」に加え、今年は「愛されて、北海道米」をテーマに「ななつぼし」「ふっくりんこ」のCMも制作し展開。平成26年から出演し続けているマツコ・デラックスさんに加えて、リリー・フランキーさんを起用し、北海道米の3大ブランド訴求を行っていきます。

北海道米のなかでも認知度が高い「ゆめぴりか」と「ななつぼし」。

北海道米銘柄の認知度調査によると、「ゆめぴりか」は3大都市圏平均で90%前後、
「ななつぼし」は東京で80%超という結果に。
CM放映や各種マスコミ報道との相乗効果により、高い認知度となりました。

平成30年銘柄認知度調査

○2018年調査対象:調査会社登録のインターネットモニター ○調査時期:2018年4月 〇「認知度」は「知っている+聞いたことがある」の合計
※北海道米販売拡大委員会調べ。 ※数字は四捨五入の関係上、合計と一致しない場合があります。