北海道米の歴史北海道米の歴史
Home北海道の米づくり北海道米の歴史

1692

北海道の
米づくりのはじまり。

北海道で初めてお米が作られた記録が残っている渡島地方。
当時の寒さの厳しい環境ではうまく作れなかった。

北海道稲作発祥の地碑

北海道稲作発祥の地碑
(北斗市)

1873

不毛の大地を、
実りの大地へ。

「北海道稲作の父」と呼ばれる中山久蔵氏。厳しい環境でも、
米作りに挑戦し、「赤毛」という品種で米作りに成功。

中山久蔵 氏

中山久蔵 氏

1971

生産量優先から
減反の時代へ。

パン食の増加により、全国的にお米が余るように。1969年から試験的に開始された米の生産量を抑制する「生産調整」がこの年から本格的に実施。

稲

1980

おいしい北海道米を
目指して。

北海道庁がおいしい北海道米の品種育成のためのプロジェクト「良質米の早期開発」を開始。

品種育成

1988

北海道米のイメージを一新。
「きらら397」誕生。

めずらしい品種名から一躍注目を集める。プロモーション展開でイメージを一新し、日本中から注目される。

きらら397

2001

冷めてもおいしい
「ななつぼし」誕生。

「粘り」に着目して開発された「ななつぼし」。冷めてもおいしく、粘りが長持ちする品種は、北海道米の新しい味わいを切り開くきっかけに。

ななつぼし

2003

道南生まれの
「ふっくりんこ」誕生。

本州の気候に近い道南での栽培に適した品種として、「ふっくりんこ」が誕生。産地を限定し、厳しい栽培基準を定める。

ふっくりんこ

2008

北海道米の自信作
「ゆめぴりか」誕生。

他府県に負けないおいしいお米を作りたい。そんな思いから「ゆめぴりか」が誕生。日本を代表するお米に。

ゆめぴりか

2011

食味ランキング
最高位「特A」受賞。

日本穀物検定協会の食味ランキングでは、平成22年産の「ななつぼし」と「ゆめぴりか」が、北海道米初の最高位「特A」を獲得。※ゆめぴりか22年産米は参考品種。

食味ランキング

2013

北海道米の
北海道内食率91%達成。

2005年から始まった「米チェン!」と2008年から続く「北海道米LOVE」キャンペーンで、平成25年産では道内食率が91%へ到達。

北海道米LOVE

2017

北海道米が
特A連続獲得。

平成28年産の「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」が、食味ランキングで特Aを連続獲得。北海道米の品質の高さを裏付けるものに。

特A