• 北海道は、日本最大規模の米どころ
  • 北海道のお米の産地はどこ?
  • 個別は、実力派ぞろいのおいしさ
  • 米づくりを支えるプロフェッショナル

北海道は、日本最大規模の米どころ

北海道米の作付面積と生産量

日本の食料基地とよばれる北海道は、じゃがいも、とうもろこし、小麦、牛乳をはじめ、全国一の生産量を誇る農畜産物がたくさんあります。じつは、お米についても全国トップクラスの大生産地。広大な大地と豊かな水を生かし、大規模な水田が北海道の各地で営まれ、作付面積も収穫量も、毎年、新潟県と一、二を競っているほどなのです。

水陸稲作付面積・収穫量上位県(うるち米・もち米)

水稲作付面積・収穫量上位県

北海道米はもちろん全国で活躍

地元北海道では、8割もの人々に食べていただいているほど熱く支持されている北海道米。北海道だけでなく、全国にも広く流通しています。お米屋さんやスーパーなどで販売されているほか、飲食店やお弁当、おにぎり、冷凍食品などでも活用されているんです。

平成26年産主食用うるち米持込先県別最終販売実績(ホクレン)

平成21年産主食用うるち米持込先県別最終販売実績(ホクレン)

道内アンケート調査「よく食べるお米の銘柄は何ですか?」

道内アンケート調査「よく食べるお米の銘柄は何ですか?」

北海道のお米の産地はどこ?

一口に北海道米といっても、広い北海道にはさまざまな産地があります。石狩川流域の空知エリア、天塩川流域の上川エリアを中心に、大きく8つの稲作地帯に分かれています。雪が少なく温暖な渡島・檜山エリアから、日本の稲作北限に位置する留萌エリアまで、気候も土壌もそれぞれに違うため、うるち米をはじめ、もち米や酒米など各地域に適した品種がつくられています。

平成28年産米地区別作付面積及び出荷契約数量地域図

平成23年産うるち米地区別作付面積及び出荷契約数量地域図

平成28年産うるち米地区別作付面積及び出荷契約数量

平成25年産うるち米地区別作付面積及び出荷契約数量

平成28年産もち米地区別作付面積及び出荷契約数量

平成25年産もち米地区別作付面積及び出荷契約数量

平成28年産酒造好適米地区別作付面積及び出荷契約数量

平成25年産酒造好適米地区別作付面積及び出荷契約数量

個性派、実力派ぞろいのおいしさ

全18種の多彩な品種

一口に北海道米といっても、もち米や酒米まであわせると約20品種。主食となるうるち米だけで十数品種もあるんです。おなじみの「きらら397」や冷めてもおいしい「ななつぼし」、ほどよい粘りと甘みの「ゆめぴりか」、やわらか食感の「ふっくりんこ」と個性豊か。そのほかに、丼物やブレンド用、冷凍食品用など飲食店や加工で活躍しているお米もあり、目的によって使い分けできるのが北海道米の魅力です。

北海道米(うるち米)の食味マップ

食味ランキング(平成23年産)

品種のラインナップはこちら

おいしさ全国で最高位

北海道米は、どのくらいおいしいのか?その目安となるのが、全国のお米のおいしさを5段階にランク付けする「米の食味ランキング(日本穀物検定協会)」。なんと、北海道米は「Aランク」以上の常連なんです。なかでも「ゆめぴりか」「ななつぼし」は、平成22年産以来6年連続最高位の「特A」にランキング。あの「魚沼産コシヒカリ」と肩を並べる勢いです。さらに平成26年産米からは、「ふっくりんこ」も「特A」を獲得しています。「特A」が3品種。おいしさでも北海道は日本トップクラスの米どころです。
*平成22年産米の「ゆめぴりか」、平成26年産米の「ふっくりんこ」は、参考品種として評価されました。

食味ランキング(平成27年産米)

食味ランキング(平成23年産)

米づくりを支えるプロフェッショナル

大規模で専業的な稲作
大規模で専業的な稲作
北海道では、その広い大地を生かした効率的な稲作が行われています。生産者1戸あたりの耕作面積を比べると、北海道は全国平均のおよそ6倍。それに対し作業時間の比較では、北海道は全国平均の7割程度です。主業農家の割合も北海道は7割以上と、都府県平均の2割程度を大きく上回っています。北海道の米づくりは、大規模で専業性の高いプロのお米生産者たちに支えられているのです。

水稲作付農家の比較(北海道・全国)

水稲作付農家の比較

研究機関の盛んな活動

そもそも亜寒帯に属する北海道では、品種開発をなくして稲作はありえませんでした。寒地稲作普及のきっかけとなった「赤毛」以来、耐冷性、多収性にすぐれたお米を求め、明治から昭和に育成された品種はなんと100種以上。そんな研究魂が受け継がれ、北海道では3ヵ所の道立農業試験場と国の北海道農業研究センターの4つの機関が、競うようにして品種の開発に取り組んでいます。約20品種という他府県にはない多種多彩さの背景には、研究機関のたゆまない努力があったのです。

農業試験場・研究センター

農業試験場・研究センター 道総研上川農業試験場[比布町] 道総研中央農場試験場[長沼町] 北海道農業研究センター[札幌市] 道総研道南農業試験場[北斗市]